年収の差は何?

年収の差は何?

心理カウンセラーの年収には幅があります。その幅、差は何からくるのでしょうか。

 

心理カウンセラーになるにあたり、大切なのは資格取得もありますが、なんといっても経験です。経験値が高いという事は年収が高く設定される要素となります。どのような仕事でもそうですが、やはり経験者と未経験者では雇う側も評価が変わりますので当然の事ですね。

 

したがって、年上でも経験が浅ければ収入は低い場合ももちろんあります。経験が物を言う世界ですので、若くして、例えば20歳代で大きな収入は期待できませんが、コツコツと経験を積めば、次第に収入は増えていくと言えます。有名になれば、講座や講演会などにひっぱりだこになる日も来るかもしれません。

 

年収の幅が生じるのは、勤務先にもよります。スクールカウンセラーなどでしたら、小中学校よりも大学の方が割高、公立よりも私立の方が割高になる事もあります。また、非常勤ながらもどれだけ働く事ができる環境を手に入れるかという点でも収入に差は出てくるでしょう。

 

しっかりとした資格を手に入れる事はもちろん大切です。心理カウンセラーとして活躍するために、臨床心理士などの知名度が高い資格を取って、仕事に直結するように備える事も大切ですね。