気になる心理カウンセラーの年収、調べてみました!

心理カウンセラーの種類

心理カウンセラーと一口で言っても、その種類は多くあります。

 

学校で生徒のカウンセリングをするスクールカウンセラーや学校心理士、オフィスで大人をカウンセリングする産業カウンセラー、幅広い年齢層をケアする臨床発達心理士など対象とする人や年齢層によって種類が変わります。

 

欧米に比べてカウンセリングの普及が遅い日本ですが、それでも近年はさまざまな事件や事故、複雑な人間関係でニーズは高まってきています。

 

心理カウンセラーになるには、資格を取得しなくてはなりません。資格によって、カウンセリングできる範囲、対象が異なりますので、自分がどの分野で活躍していきたいかという事をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。

 

心理カウンセラーが持たなくてはならない知識の範囲というのは多岐に渡ります。医療現場での心理カウンセラーなどになるとカウンセリングだけではなく、医療の知識も必要となってきます。また、女性を対象としたカウンセリングというように特定の人に特化したカウンセリングでは、女性ならではの悩み、例えばDVやセクハラ、子育てや嫁姑問題など、女性だから持つ悩みに対応しなくてはなりません。ゆえにそれらの知識も必要となります。

講座・スクール・資格情報

http://xn--gckj3cykvb0c1153c7fo45y028c.tokyo.jp/
心理カウンセラーの資格をとるための適切な通信講座を紹介しています。≪e-心理カウンセラーの資格|心理カウンセラーになるにはこの講座が最短!≫